ゾーン体験(ZONE)とは?

スポーツで素晴らしい結果を出すことができた試合やプレーの最中に、こんな感覚を持ったことはありませんか?

  • リラックスしているのだけど、ものすごく集中している
  • 試合が自分の思うように進み、負ける気がしない
  • 体と心が完全に一体化していて、自然に体が動いているような感じ
  • 体の調子も良く、気持ちもワクワクしている
  • なにもかもうまくいって最高の気分。絶好調
 

真剣にスポーツに取り組んでいるアスリートであれば、こうした感覚を過去に一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

ゾーン体験とは、スポーツ選手が、極度の集中状態にあり、他の思考や感情を忘れてしまうほど、競技に没頭しているような状態を体験する特殊な感覚のことです。

単に調子がいい、とても集中している、というだけでなく、「心と体が完全に調和した無我の境地だった」「体が勝手に動き、苦痛を感じなかった」「試合をやっている自分を上空から眺めていた」など、選手にとって「何か特別なことが起こった」と感じさせるような感覚です。

「ゾーン」体験が、必ずしも競技上での成績、結果に結びつくとは限りません。また、最高の結果を出した時に、必ず「ゾーン」体験をする、というわけでもありません。ですが、多くのスポーツ選手が、最高の結果と「ゾーン」体験を結びつけて語っていることは確かです。

この「ゾーン」体験は、選手の持っている力を最大限に引き出してくれますが、それだけでなく、この体験は選手にとって、スポーツの喜びと生きる喜びが一つになる、とても幸福な体験でもあります。その幸福感、充実感は、結果以上に、「スポーツは素晴らしい!」、「もっともっと続けたい」と思えるモチベーションとなります。

人生観を変えるほどの強烈な「ゾーン」体験はトップアスリートでも、なかなか経験できないことですが、「ゾーン」体験は特別な人だけに起こるものではありません。ただ、ほとんどの人にとって、それは偶発的に、たまたま起こるもので、起こそうとして起きるものでもないのです。

では、「ゾーン」体験を意図的に起こすことはできないのでしょうか。結論からいえば、100%の確率で「ゾーン」体験をすることは不可能ですが、その確率を高めることはできるのです。

そのためには、まず、ゾーン体験が起きるメカニズムについて、簡単にご説明します。