全てがゆっくりと流れているように感じられた

あれは過去一番のパフォーマンスだった

それほと意識しなくても、体が思い通りに動いた

一流選手とそうでない選手との違いは何でしょうか?

技術的な実力の差もさることながら、大事な場面で最高のパフォーマンスを発揮し、結果を出すことができるかどうかにかかっています。
一流の選手は、最高にプレッシャーのかかる場面で自分の持つ最高の力を発揮することができます。
その鍵は…「ゾーン」体験にあります。

icon23

ゾーン体験(ZONE)とは?

icon15

ゾーン体験が起こるメカニズムとは?

icon21

ゾーンに導くメンタルトレーニングとは?

メンタルトレーニングで、あなたもゾーンを体験できる!

「リラックスしているのだけど、ものすごく集中していて、ワクワクしている」
「体と心が完全に一体化していて、勝手に体が動いているような感じ。最高の気分です」
「体が勝手に反応してくれました」
「すべてがスローモーションに見えた」
「私がその試合を完全に支配していたという感覚」
「すべてのことを感じ、あらゆることをコントロールしていた」
「一瞬も集中が途切れることがなかった」
「時間の進み方が意のままになる感覚」
「考えなくても、すべてのことが自動的に起こっていた」

こんなふうに、活躍したスポーツ選手がインタビューでこのように話すのを聞いたことがありませんか?
また、スポーツをやっている人であれば、「今日は乗っている」「全てが上手くいく」という感覚を、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

このような感覚は、「ゾーン体験(ZONE、異次元体験)」と呼ばれています。

swimming-78112_640もしあなたが競技において、実力的、技術的な問題よりもむしろメンタル面に問題があり、大事な場面で実力を発揮することができないと感じているのであれば、ゾーン体験メンタルトレーニングを強くお薦めします。ゾーン体験メンタルトレーニングとは、多くのプロスポーツ選手、トップアスリート達が注目するゾーン体験に焦点をあわせたメンタルトレーニングです。

ゾーンの秘訣をひと言で表現すると、「考えるな、感じろ!」です。そう、あのブルース・リーの名言です。
ブルース・リーの言うとおり、不安を抱えていたり、余計なことを考えていては、ゾーンを体験することはできません。しかし、それをどう達成するのか?多くのアスリートが悩んできました。大事な場面で、考えすぎず、大切なことに集中できるようになるためのトレーニング理論と方法。それがゾーン体験メンタルトレーニングです。

気合や根性、プラス思考も大事だけれど、これこそが、試合で結果が残せる、本当に強くなるためのメンタルトレーニングです。
ここで紹介するゾーン体験メンタルトレーニングを続けることで、3ヶ月以内に、持てる力をベストの状態で発揮できるゾーン体験ができるでしょう。

あなたが真剣にその準備を進めれば、その瞬間は突然訪れます。
さあ、今すぐ始めよう!


努力しても、なかなか結果が出ない、ゾーンを体験できないトップアスリートのなかには、努力の方向性が違っているケースが少なくありません。本サイトを運営しているメンタルトレーニング石井塾では、経験と実績あるメンタルトレーナーが、あなたの競技とレベルに合ったメンタルトレーニングプランを組み立てます。

ゾーンを起こすには、気合いや根性、精神論や一般論は必要ありません。「考えないで、感じる」ことができるようになるためのメンタルスキルの習得が必要なのです。これまで多くのアスリートが、石井塾の門をたたき、結果を残しています。あなたが努力を怠らないアスリートであれば、ゾーンを起こし、あなた本来の力を発揮させるノウハウが石井塾にはあります。

banner_jukulogo300b