ゾーンに導くメンタルトレーニングとは?

大事な試合や大会で、「ゾーン」を体験し、自分の持っている最高の力を発揮したい…。

では、大きなプレッシャーのかかる場面で「ゾーン」状態を再現するためには、どんなメンタルトレーニングが効果的なのでしょうか。

それは、言葉に頼らないメンタルトレーニングです。

なぜなら、ゾーン体験は、あなたの技能を「直感的」「本能的」に発揮できている状態です。これまでのゾーン体験を振り返ってみて下さい。その最中には、余計な「言葉」や「思考」はなかったはずです。体が本能的に動いていただけです。

「ゾーン」体験に言葉は要りません。いや、それどころが邪魔になります。

極論すれば、「ゾーン」体験メンタルトレーニングとは、「直感」や「本能」を鍛えるトレーニングです。そして、このトレーニングの最大の特徴は、できるだけ「思考」や「言葉」に頼らないことです。とはいえ、全く使わないというのではなく、あくまでもバランスが重要です。

現在主流のメンタルトレーニングは、言葉を使った「頭」中心の思考系メンタルトレーニングです。



反対に、言葉をできるだけ使わない「体」中心の感覚系メンタルトレーニングが、「ゾーン」体験メンタルトレーニングです。 これこそ「直感」や「本能」を鍛える秘訣です。

 



 

私は、「ゾーン」体験メンタルトレーニングとして、主に5つのメソッドを強く推奨しています。

 

これらの5つのそれぞれのトレーニング方法と理論は、各ページをご参考下さい。そうすれば、それぞれのトレーニングが言葉を使わないことがわかるでしょう。

また、下記のメンタルトレーニングも、それなりに効果的といえるでしょう。