2012b

はじめまして。私がゾーン体験メンタルトレーニングを提唱している、石井塾塾長の石井です。

正直にお話ししますが、私自身は、スポーツにおいて「ゾーン」を体験したことがありません。そもそも、写真をご覧の通り、私は体育会系の人間ではありません。

でも、「ゾーン」を何度も体験したことのある選手・コーチよりも、「ゾーン」体験のためのメンタルトレーニングを指導することができます。なぜなら、私は大学院で「神経心理学」を中心に研究していましたが、この観点からゾーンを分析すると、実はゾーンはとても明快に説明できるからです。

スポーツ界で使われている「ゾーン体験」は、私たち心理研究者の間では「フロー体験」と呼ばれています。フロー体験とは、時間を忘れてしまうほど何かに没頭する体験で、スポーツ選手に限らず、誰でも生活のいかなる場面で起こりえるものです。

私は以前から、このフロー体験ついて、主として神経メカニズムの観点から取り組んできました。そして、フロー体験に最適な生理的・心理的な状態を作るためのメンタルトレーニングを模索してきました。

本サイトや拙書「ここ一番に強い自分は科学的に作り出せる」でも紹介したレゾナンスという神経メカニズム、そしてバイオフィードバック訓練という練習法を知って、それは大きく前進しました。

これまで私は、スポーツ選手ではなく、主として、一般社会人を対象に、カウンセリングやコーチングを行ってきました。その中で、呼吸法やバイオフィードバック訓練など「感覚」を重視したメンタルトレーニングを個別指導することで、クライアントの多くに目覚しい自己変容と、仕事や趣味において、「フロー」体験を経験してもらうことができていました。

たまたま、私のメソッドに興味を持ったスポーツ選手において、それなりの感触と実績が得られたので、2005年以降、スポーツ選手向けに、本格的に「ゾーン」体験メンタルトレーニングを提供することを決意したのです。

それ以降、各競技のトップ選手を指導する機会がありましたが、総じて、短時間で成果を上げてくれています。

<これまでに継続的に個人指導したスポーツクライアント抜粋>

    • ゴルフ(男子・女子プロ合計10名以上)
    • ゴルフ(女子プロ) ※体験レポート
    • ゴルフ(プロテスト受験数名)
    • 野球(プロ野球・内野手)
    • 野球(六大学野球・内野手)
    • カーレーサー(スーパーGT・SFドライバー)
    • 大相撲(幕内・幕下)
    • サッカー(Jリーグ、A代表経験あり)
    • クレー射撃(女子・リオ五輪出場)
    • ボクシング(男子プロ3名) ※体験レポート
    • キックボクシング(男子プロ)
    • ボウリング(男子プロ、7連連続シード、全日本優勝) ※体験レポート
    • ダンススポーツ(アマチュアペア、アジア大会銀メダル) ※体験レポート
    • 体操(男子学生、全日本選手権出場)
    • ビリヤード(男子プロ) ※体験レポート
    • 競艇選手(プロ、A1級)
    • 競輪選手(プロ、S2級)
    • 柔道(女子実業団、世界選手権優勝) ※体験レポート
    • スノーボード(男子社会人、日本選手権出場)
    • 水泳(男子大学生、日本選手権出場)
    • 射撃ピストル(女子アマ、全日本優勝経験)
    • ボート(男子実業団、国体出場)
    • テニス(男子学生、大学体育会主将)
    • テニス(男子高校生、県シングル・ペア優勝)
    • テニス(女子学生、JTAランク100位内)
    • テニス(女子ベテラン、関東大会優勝)

あなたがアスリートとして、真剣に競技に取り組んでいて、メンタル面の克服を課題としているのでしたら、ぜひお試しコーチングにお申込下さい。

たった1回のメンタルコーチングが、あなたの精神論・スポーツ感を大きく変えるはずです。

「集中!」「落ち着け!」とつぶやくのは、集中している「ふり」をしているだけです。

まだ、そんな「ふり」を続けますか?

あなたのこれまでの経験によりますが、3ヶ月以内に本物の集中状態を実感できるようになるでしょう。「ゾーン」体験はその時に突然起こります。

それを信じて取り組むかどうかは、あなた次第です。

 


早稲田大学法学部卒業

ワシントン大学ビジネススクール 国際企業研究員プログラム(1年間)修了

日本大学大学院総合社会情報研究科修了(人間科学修士)